各自治体による看護師の確保、再就職支援の取り組み

公的機関と転職サイトの違いを知る必要もあります。


ここでは、各都道府県による、公的機関としての取り組みをご紹介します。

これらの機関は、時に「お役所仕事」特有の障害(手続きの複雑さや、利用時にかかる期間の長さなど)もありますが、
それぞれ各自治体の特徴が現れており、参考にはなると思います。

そしてある程度の情報を得たうえで、理解もより深まれば民間の転職サイトをご利用することが
あなたにとってのお手伝いとなれば幸いです。

各都道府県の取り組みの例です

自分で調べるのにも限度があります。

全国的に看護師が不足していることに変わりはありませんが
その地域により事情は変わります。

人口密集地、過疎地、離島、地方都市、工業地域。

それぞれ自治体の財政、医療施設の業態の分布、人口動態。項目はさまざまで、

それによって当然、医療施設などの種類も、看護師の雇用環境も雇用倍率も就労年齢も違うのです。


以前の職場、医療施設などで当たり前だったことも、他地域、施設では当てはまらなかったり、その反対だったりと言うことは決して珍しいことではありません。

むしろ違うのが当たり前かもしれません。

そうした事前の下調べは大切ですけど、個人では限りがありますので
こちらを参考になさって、看護師転職サイトを上手に活用することをお勧めします。

↓こちらをクリックしてご覧ください


  • ナースのブランクからの職場復帰、看護師の転職をサポートします(TOPページ)
  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります