看護師のブランクからの復帰、潜在看護師の復職を看護師転職サイトがサポートします 

数ある転職サイトを上手に活用するポイント

ブランクのある看護師が復帰するために看護師求人サイトを利用するメリットは
なんと言っても専任のコンサルタントによるサポート。

窓口に出向く必要もなく、コンサルタントに希望を伝えるだけでインターネットやメールで利用登録から面接の手続きから入職の手続きまですべて済ませることができますので、お子さんのいらっしゃるかたや郊外に住む方、また別の職場で働きながらでも、看護師復帰に向けて就職活動をしやすく、むしろ自分で探すより希望に沿った職場を見つけることができます。

それには理由がありますが、とにかく看護師への職場復帰を考えるなら、またそのお気持ちが少しでもあるなら、このページをご覧になって参考にしていただければ幸いです。



参考にすべき項目は次の通り↓

1.お住まいの地域に強みを持った会社を選ぶ

都市部に特化したサイト、地方の医療機関にもネットワークを広げているサイトなど
それぞれが持つ特徴をあなたの条件に合わせてみましょう

2.支援金をもらえるサイトを選ぶ
「看護師転職支援金」「復職御祝い金」などの形で現金の収入が見込める場合があるので
これらのサービスを上手に活用しましょう。

3.複数の看護師求人サイトに登録する
各社それぞが持っている独自のネットワークがあり、2つ以上のサービスを活用することにより、驚くような発見があるはずです。

そして、今最も有利と言えるサイトがこの3つ

↓ご登録は各サイトのアイコンをクリックしてください↓


ナースではたらこ

看護のお仕事

ナース人材バンク

就職された方への「Happyボーナス]のキャンペーンは終了しましたが、依然として最大手の強みがあります

転職支援金サービスは最大15万円にアップ。就職後1か月後から申請できます。

条件に合う方でしたら※再就職手当を受け取ることができます。
※失業保険の給付日数がある程度残っている段階で就職すると、就職手当として前倒しで受給できる制度です。



好条件の求人を無料で紹介してもらえる大手の求人サイトの数々ですが
その中でもこの3サイトは、その情報量と守備範囲と言う点から言っても間違いありませんので

あとは、あなたのお住まいになっている地域の医療機関をどれだけカバーしているかなどの特徴を確認するうえでも

最低でも2サイトに登録していただいて、内容を比較していただくことをお勧めします。

看護師転職サイトを使うと有利な理由

1、待遇の良い求人情報は公開されない

ハローワークや求人情報誌・看護協会などには、優良な求人はまず公開されません。
その理由は、
誰もがすぐに応募したくなるような高給与・高条件の求人情報は公開されないまま、
水面下でやりとりされているのです。
つまり、転職サイトを運営する業者を介してのやり取りです。

多くの人の目に触れる場所に公開され続けている求人は、給与や待遇が悪かったりなどの理由で
売れ残っているケースが多いのが実情です。

2.優良な非公開求人は転職サイトに集まる

誰が見ても給与や条件が良い求人は、公開すると応募が殺到するので、
条件の合う人材を確保したい病院側は、看護師転職サイトに求人を委託します。これが非公開求人と呼ばれるものです。

現在は病院側も人出不足であり、人材採用に人をまわせないという実情もあります。

このような依頼を受け、
看護師転職サイトは、会員登録している看護師の中から職種や希望条件に見合った人を選び、個別に求人を紹介します。

そのため、看護師転職サイトに高給与・高条件の求人が自然と集まってくるのです。

3 求人を出していない病院でも入職できる

あなたの働きたいと思う病院に、求人募集が掲載されているとは限りません。

しかし看護師転職サイトならば、
求人募集を行なっていない病院であっても、専任コンサルタントが病院側と採用交渉を行なってくれるのです。こうして入職する例は多いです。

また、働きたいと思っている病院に求人募集があった場合、
自分で直接応募しないで、看護師転職サイトを利用すれば、採用条件が良くなる場合が多いです。

各サイトの特徴をご紹介します

@ナースではたらこ


「ナースではたらこ」は全国約9万件日本全国90%以上の医療機関の情報を掲載している日本最大級の「看護 師転職サービス」です。
運営しているのは、「はたらこねっと」「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗であ るディップ株式会社。
求人業界で10年以上培ってきたノウハウを活かした情報量が強みです。

看護師さんの転職のお手伝いを始めて約5年。
日本全国でこれまでにたくさんの看護師さんが「ナースではたらこ」で転職を成功させ、ブランクのある看護師さんの復職を支援してきました。地域別の求人情報に精通した各支社による「エリア別担当制」も好評です。




日本最大級の求人情報量と上場企業だからこその安心感、専任キャリア・コンサルタントはとても頼りになります。
また、医療機関への「逆指名」など、魅力的 なサービスで、多くの看護師さんに支持され、看護師満足度第1位(※)に選んでいただくこともできました。※調査機関:楽天リサーチ(2015年 4月/20〜40代)

個人情報管理をはじめとしたセキリティ対策も万 全。個人情報保護に関して一定の要件を満たした事業者に与えられる「プライバシーマーク」を取得しています。

「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに[ナースではたらこ]

A看護のお仕事

看護のお仕事」は2005年設立のレバレジーズ株式会社運営。全国12万件以上の事業所情報を元に、あなたの希望条件にあう職場をご紹介致します。

「看護のお仕事」でもっとも有利な点は、なんといっても「転職支援金支給」のキャンペーンでしょう。

準備や就業後にも何かと出費が多くなりがちな転職において、よりスムーズに仕事環境を整えていただけるようにと、考案されたもので「最大12万円贈呈」と太っ腹です。
入職日から2ヶ月以上勤務してからという条件付ですが、とても心強い支援となるでしょう。

経験豊富なキャリアコンサルタントによる無料の転職フルサポートサービスを行なっております。

プライバシーマークを取得しており、個人情報の取扱いに対し高い認証基準を満たしております。
看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

 

Bナース人材バンク



ナース人材バンクは運営する東証マザーズ一部上場企業、株式会社エス・エム・エスによって2003年サービス開始。年々利用する看護師さんは増え続け、現在は年間10万人に利用されております。
看護師だけでなく、様々な人材に対する紹介を行っているため、求人数も業界トップクラスで東京、大阪、名古屋の大都市圏はもちろん、北ほ北海道、南は沖縄まで全国区を網羅していることが特徴。

病院からクリニック、訪問看護、訪問入浴、介護施設、治験(CRC)の求人まで、さまざまな求人をご用意しています。看護師、准看護師、保健師、助産師を対象としておりますが、管理職をご希望の方もご相談ください。
条件面でも常勤求人はもちろん、非常勤求人、高給与の求人、日勤のみの求人、託児所付の病院など、求人の種類は様々です。

この他にも
ケアマネジャー・相談員に特化した人材紹介サービスの「ケア人材バンク」
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士に特化した人材紹介サービスの「PT/OT人材バンク」
管理栄養士・栄養士に特化した人材紹介サービスの「栄養士人材バンク」
臨床検査技師に特化した人材紹介サービス「検査技師人材バンク」
診療放射線技師に特化した人材紹介サービス「放射線技師人材バンク」
臨床工学技士に特化した人材紹介サービス「工学技士人材バンク」
保育士、幼稚園教諭に特化した人材紹介サービス「保育士人材バンク」
歯科衛生士に特化した人材紹介サービス「歯科衛生士人材バンク」など幅広く展開しています。

※ナース人材バンクは厚生労働省より認可を受けた会社です。

「ブランクから職場復帰したい!」そんなあなたに[ナース人材バンク]


今最も力を入れている「潜在看護師」の発掘

「結婚、夫の転勤、親の介護などを機に一度は退職したが、もう一度復帰したい」

そのような数年単位のブランクのある、職場復帰を希望される看護師の方々はとても多く存在すると言われながらも、
いざとなると日進月歩の医療技術革新を目の当たりにすることで、看護の仕事から離れたブランク期間が長いので仕事についていけるのか心配・・・

その自身のなさから1歩が踏み出せなくて埋もれている人材もまた多いのが実情です。

このような人材は今、「潜在看護師」という単語が存在するように
とても多く、慢性的な人材不足の問題を抱える病院、介護施設等はその需要を見込んで求人を募っている状況です。

ただ、そのような方々受け皿となるべき医療の現場もそれぞれの事情によって受け入れ態勢もさまざまで、
単純に即戦力を必要としている現場もあれば、はブランク看護師の復職支援をプログラムに入れている施設も存在します。

しかし、そのような数ある施設の細かな情報を仕入れ、選別する作業は、個人レベルでは大変難しく労力のいるものです。

そこで利用されているのが、様々な形の看護師求人サイト。多くは無料で利用でき、
経験豊富なコンサルタントによる徹底的なサポートで、きっと安心して就職できるはずです。

ハローワークなどに載らない「非公開求人」というものが存在するにはこうした理由もあります。



これらの看護師転職仲介業者(以下コンサルタント会社と呼びます)は、どのように運営されているのか。
情報提供から、紹介、面接から入職までのサポート。これだけのことをなぜ「無料」にできるのか。
利用者が仲介料を支払っていないのに、会社はどうやって収益を上げているのか。
そして何処から報酬を受けているのか、誰もが疑問に思うところでしょうし、

それがわからないとむしろ利用者は不安になるのではないかと思います。



通常コンサルト会社は求人を募集する企業(病院など)から報酬と言う形で収益を得ています。

応募者は求人を紹介してもらえ、コンサルト会社は応募者を企業へ紹介する見返りとして報酬を得ます。

企業側はハローワークなどに求人を出す際、年齢や性別などでの制限が出来ないことも多く、希望する人材を確保するのに時間がかかり、また確保そのものが難しくなってきているという事情があります。

そこで、希望する人材を事前に伝えておくことで、その意向に沿った応募者を紹介してもらえるコンサルト会社に人材確保を依頼すれば、時間もエネルギーもかかりませんし、地域を限定することもでき、より幅広く応募者を探せるので、お金を払ってでもメリットは十分にあるわけですし、むしろこうしなければ人材が集まらないくらいです。

この様に、「応募者」・「コンサルト会社」・「企業」
言い換えれば「あなた」「看護師転職サイト」「病院」・と三者三様にメリットがあるといえます。



では、企業(病院)が「コンサルタント会社」成功報酬をどのくらい払うのか、もちろんわかりませんが、ある程度のガイドラインはあるようでして、一般的な成功報酬の割合は、採用した人の年収の15%〜30%前後と言われています。

これはなかなかいい金額だと思いますが、それだけ難しい作業だということです。

報酬は「必ず幾ら」などの条件も法律もなくて、
例えば、報酬を安く抑えたい企業側が年間に採用する人数を約束するなど(「今年は10人何とかよろしく!」といった感じでしょうか)の条件を提示しているかもしれませんし、獲得するのが難しい人材や人気の職種(医療系やエンジニア)などであれば、成功報酬を積み増しする必要もあるかもしれません。

そういったことから、コンサルト会社と企業の間の取り決め次第ともいえます。


そうすると今度は
利用者がこれらのコンサルタント会社を通じて就職した場合、報酬としてその方の給与の一部が支払われるのであれば、実際の給料はピンハネされて安くなってしまうのではないかという心配が起こります。

ただ、雇われる際に給料が安くなると言うことは
応募者にとっては不利益ですから、体験者の口コミなどで広がってきたこれらの業界ではそのような信用を失うことは基本的にしません。

その代わり、例えば求人に「年収300万〜500万」などの幅が開いている場合は、勿論、応募者の年齢や経験によって判断も分かれるかもしれませんが、それはまた別の問題だと考えられます。

ピンハネされるのではないか。もしくは変なしがらみが付いて回るのではないか
そのような心配から、個人で連絡して応募しに行くのが良いかというと、それが難しいからこのような看護師転職サイトが存在するのです。


コンサルタント会社に支払う報酬には応募を請け負う際の「書類審査」などをする労力なども含まれているわけですから、個人で応募しにきても企業側に審査をする余力がないので応募そのものを受け付けない可能性があります。
人材確保はコンサルタント会社にすべて託すことによってそのコストを削減しているということです。

また、コンサルト会社によっては、単に応募者を紹介するだけではなく、
基礎的な社員教育を行うコンサルや看護士意外にも事務員などの紹介を行っているところもあり、仮に外部から応募があったとしても「コンサルト会社を通して」と言われてしまう可能性があるのということです。

外部から個人で応募されてくる人と、人材紹介会社から紹介されてくる人の能力に大きく差が生じるわけでもないのですが、企業側もコンサルタント会社とのこうした取り決め上、外部から受け入れることが難しいという事情もあるのです。

この様な企業の場合は、ハローワークなどの求人広告には載せないことになるので
これがいわゆる「非公開求人」となるのです。


この「非公開求人」というのが存在するもうひとつの理由としては
企業の募集人員が少なく好待遇の為、情報誌などに載せると応募が殺到してしまい業務に支障をきたなどと弊害が多いことから、
非公開求人という形にして、看護師転職サイトに委託しているところが多いという事情があります。

転職サイトと病院側との関係からこうした非公開求人が多く生まれます。
ですので、やはりコンサルタント側の信用が大きく左右するといえ、紹介する限りはとことん付き合い
人間的な関係を深めて間違いのない橋渡をしたいと考えるわけです。

コンサルタントはブランクのあるナースの事情をよく知っています。

@「新たな職場への不安、人間関係への不安は当然あるはずです」

ナースに復帰して新しい職場へ飛び込むことで誰もが心配するのは、やはり人間関係ではないでしょうか。
人間関係については、確かに入職してみないと分からないですが、コンサルタントであればその職場で働くスタッフの人柄や経歴、看護師長の年齢や考え方までをも確認することができるので、実際の奮起を想像することができるかと思います。
経歴やスキルを理解し、復帰を希望する看護師の相談を聞きながら、、出来るだけ価値観の合う職場をすすめてくれます。

最終的に人間関係がうまくいくかどうかは相性によるものかもしれませんが、ナース復帰に対する不安や悩みも一人で悩まず、一度、本音でコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

看護師の患者に対する姿勢と同様に、人材紹介会社におおけるコンサルタントはブランクからの復帰を求める看護師の皆さんに対し、仕事を通して幸せになってほしいと心から思っていますし、それが叶ったときはやりがいを感じるものなのです。


A「子育て中、介護中の実状や年齢による体力への不安も良くわかっています」

今までブランクがあった方々は「残業が一切出来ない」、「子供や家族の体調不良で急に休まなければならない」といったことを想定しているでしょう。
この様なことがあるもコンサルタントは初めから頭に入れてあります。ですから、事情を説明していただければ採用側に理解ある対応をしてもらえるよう交渉してくれます。

子育てや介護により時間に制約があったり、加齢により体力的な不安を抱えているなど、今の状況でのナースへの復帰を心配している場合も、コンサルタントのサポートを受けることによって、実際の復帰後のシミュレーションをできるなど、より現実的に考えることができるため、希望に叶った再就職先を見つけることが出来ます。

コンサルタントは各事業所や病院の内情に精通しているので、実際にどの程度の業務体制で仕事を回しているのか、どのくらい残業が発生しているのか、また、同じ世代の復職者がやっていけてるのか、子育て中のナースがどのくらい長く勤めているのか、などについても確認することができます。

また、コンサルタントの中には子育て中の方も数多く在籍しています。

同じママという立場(ここ数年は男性の方も多くなってきました)で、復帰を目指す看護師の方が抱える悩みや状況は、自己体験の中で深く理解をしていますので、子育てと両立できるようなサポートを目指いsています。

ブランクから復帰するときには誰もが肩に力が入ったり、つい無理をしてしまうこともあるのではないでしょうか。
コンサルタントはそんな気持ちに寄り添ってくれます。今の生活や体力的に負担無理のない職場はきっと見つかるでしょう。

B「ナースとしてのスキル、医療知識に不安のある方への強い味方です」
 
求人情報に「復職支援制度アリ」「ブランクOK」などと記載されていたとしても、実際ナースとして入職してみたら現場についていけない、また結局人手不足で何もフォローしてもらえなかったということを心配している方は多いかと思います。

自分にブランクがある、スキルが不足していると自覚がある人と言うのは、現場の忙しさを知っているだけに、手厚いフォローやサポートの有無などを採用担当に質問しにくいのではないでしょうか。
そういったこともコンサルタントが前もって内情を把握していたり、本人の代わりに事業所に確認してくれますし、また、仮にブランク明けで自分のスキルに自信が持てなかったことが原因で復帰を諦めてしまっていた職場についても、コンサルタントがそれまでの経歴や経験を冷静な目で見極め、無理なく復職できる職場を提案してくれるはずです。

ブランクのあるナースへの一助となれば幸いです。



長いブランクや時間的に制約があるなど、ただでさえ不安の大きい復職には、出来るだけ安心出来て頼れる人材紹介会社を使いたいものです。

これら紹介したものはどれも、多くの看護師が利用し、
その中でもメリットの大きい、それぞれの違う分野に強みを持っている看護師転職専門の人材紹介サービスです。

どの人材紹介会社もそれぞれ各病院や事業所の採用担当者との付き合いが長く強い信頼関係の元に成り立っています。

どれも全国各地に事業所があり、地域に特化したコンサルタントが常駐していますので、遠隔地での復職についても、希望に沿った支援が可能ですが、日本全国すべての施設に対応している会社はさすがにありません。
どの会社もそれぞれが得意とする分野、地域、ネットワークを持っているので
複数サイトを上手に利用することが成功の近道です。


------------------------------------
「根気よく希望を聞いていただいたおかげで今の職場は、看護師長、副師長、他職種スタッフ共に向上心があり、また面倒見がよく、雰囲気のいい環境で働いています。」

「コンサルタント転職先とのやり取りなど対応がこまめでよかった。」

「コンサルタントの方が病院にちゃんと働きかけてくださったおかげで、納得のいく結果になりました。」

「1つの看護師転職サイトに登録していたのですが、近場で気になる病院へ対応していなかったため、もう1か所登録したところ、ここは対応しており、そこの資料を頂くことができたなど、都合のいい使い方をしてしまいましたが、おかげで助かりました。」

「育児のブランク明けで体力的にも無理をしたくなかったので、コンサルタントの方に日勤常勤でお願いしたのですが、希望内容にピッタリな職場を紹介してくださいました。」

「条件など自分からは言えないことも代わりに交渉してくれるのは一番助かります」

「産休、育休からの復帰だったため、ハローワークなどに行く必要もなく、スムーズに就職活動ができたのがなによりよかったです。」

「面接で子供を連れて行けたのとが出来たのと、同様に病院を見学できたことは本当に助かりました!」

「ブランクが長くて、人間関係もさることながら、医療知識についても不安だらけでしたが、担当のコンサルタントの方が親切丁寧で親身に対応してくださったおかげで、復帰に勇気と希望が湧いてきました。」



利用者はこういった感想を抱き、コメントを寄せています。



様々な事情で看護現場を離れた看護師の方々の復帰を人材紹介会社は全力でお手伝いします。

復帰に不安がある方も、そうでない方も是非ご利用ください!





こちらは保健師、助産師、看護師及び准看護師(以下「看護職員」という。)の免許を有する者を対象とし20歳代から50歳代について10歳を区分としてそれぞれ同数とした2012年の看護職員就業状況実態調査による結果です。



「調査対象 20388人 (女性94.0%、男性6.0%)」

@看護職員として仕事についている   17384人(85.3%)
A看護職員以外の仕事についている     979人( 4.8%)
B仕事についてない              2025人( 9.9%)   (Bの内訳)家事に従事している  1622人(80.1%)
                                                 進学している          82人( 4.0%)
                                                 その他            173人( 8.5%)
                                                 無回答            148人( 7.3%)

----------------------------------------------------------------------------------

「年齢別の内訳」
            総数               看護職員として就業している         看護職員として就業していない
25歳未満  1,448人(7.1%)             1,390人8.0%)                       58人(1.9%)
25〜29歳  2,786人(13.7%)            2,483人(14.3%)                     303人(10.1%)
30〜34歳  2,684人(13.2%)            2、234人(12.9%)                     450人(15.0%)
35〜39歳  2,528人(12.4%)            2,143人(12.3%)                     385人(12.8%)
40〜44歳  2,836人(13.9%)            2,408人(13.9%)                     428人(14.2%)
45〜49歳  2,791人(13.7%)            2,381人(13.7%)                     410人(13.6%)
50〜54歳  3,252人(16.0%)            2,774人(16.0%)                     478人(15.9%)
55〜59歳  1,886人(9.3%)            1,460人(8.4%)                      426人(14.2%)
60歳以上    127人(0.6%)                 72人(0.4%)                       55人(1.8%)
無回答        50人(0.2%)               39人(0.2%)                       11人(0.4%)
※回答者は「50〜54歳」が最も多く、また「看護職員として就業していない人数」も同様に最も多かった

-------------------------------------------------------------------------------




「男女比率」

      総数                     看護職員として就業している             看護職員として就業していない
女性    19,171人(94.0%)          16,236人(93.4%)               2,935人(97.7%)
男性     1,182人(5.8%)             1,123人(6.5%)                    59人(2.0%)


未就学児がいる場合の主な保育者は「保育所の保育士」(50.4%)が最も多く、
次いで「回答者自身」(32.0%)となっていた。

看護職員として就業している者の61.9%が、日中の主な保育者を保育所の保育士と回答しているのに対し、、
看護職員として就業していない者では「回答者自身」が77.8%を占め、「保育所の保育士」は14.1%であった

-------------------------------------------------------------------------------

・同居の家族で介護を必要とする者が「いる」と回答した者は8.7%。
日中の主な介護者は「回答者以外の家族・親族」(38.8%)が最も多く、次いで「施設・事務所の職員」(31.9%)であった。
日中の主な介護者は、看護職員として就職している者では「回答者以外の家族・親族」(42.1%)、「施設・事業所の職員」(33.7%)、「回答者自身」(13.6%)であったのに対し、
看護職員として従事していないものでは「回答者自身」が45.0%であった。

----------------------------------------------------------------------------

・看護職員としての通算就業年数は、「5〜10年未満」(19.3%)が最も多く、次いで「5年未満」(18.1%)であった。
看護職員として就業していないものでは10年未満の者が60.8%を占めた。

-----------------------------------------------------------------------------



「これまでに勤務先を退職した回数」(看護職員としての業務に限る)

これまでに勤務先を退職した回数は、「0回」(39.4%)が最も多く、次いで「1回」(26.5%)であった。

看護職員として就業している者では、退職回数「0回」が45.2%、「1回」が24.0%で、初めて就業した施設または次に就職した施設で就業している者が69.2%を占めた。

看護職員として就業していない者では、退職回数「1回」が40.7%であり、退職回数「2回」が26.6%で、1回および2回で67.3%を占めた

この数字は、看護師の転職率の高さを表しています。


以外に知られていませんがブランクの有る方にはお勧めです


今、ブランクからのナース復帰を目指す看護師に向けての、「支援セミナー」を開催する病院も増えてきました。
また、日本看護協会が各都道府県で行う「再就業支援研修」など行われていますので、復職を考えている方は一度受講してみてはいかがでしょうか。
・「セミナーでは看護の動向や技術について、最新の情報を得ることができました。」
・「採血など、自信のなかった手技の練習もさせてもらえてとても有意義だった」。
・「セミナー開催病院に勤務する現役の看護師さんによる講師で、現場の話もいろいろ聞くことができ、とても勉強になった」
・「自分に自信が付きました」など、参加者の多くからこのような声を頂きますのでお勧めです。

同様に
復職者プリセプター制度」というシステムも最近よく耳にするようになりました。

プリセプターと呼ばれる職員がブランクの有る看護師を再教育ながら実務に慣れさせるというもので、この制度のある病院なら、時間をかけて知識を確認できるというわけです。
例えば、実務経験が4年しかなく、ブランクも長かったという方がいらっしゃいました。「仕事についていけるかとても心配していましたが。プリセプターがついてくれたので、不安な点もチェックしてもらえるし、わからないこともすぐに聞くことができてとても安心しました。」入職後はこの様に話していました。

人手不足な職場などによっては復職初日から即戦力として扱われることもあるわけですから、自分は不安だとしても、なかなか言い出しにくい雰囲気になるもの。

病院側としても、この制度を導入していることによってはっきりと役割分担をすることになり、かえって職員も働きやすいそうですし、入職する側もその不安を解消しながら働けてるので、例えば就業規則やシステムなどについても聞くことができるわけですから、より早く職場になじむことにもつながるはずです。

2サイト以上の登録がお勧めです

ご登録はお気軽に

ナースではたらこ

2,000件以上の医療機関の公開求人情報のほかに、全国約90,000件の医療機関情報を掲載し、主要地域だけでなく地方の求人情報も豊富に持つ「エリア別担当制」と言う方法をとっています。
求人が公開されていなくても、働きたい医療機関を指名すれば最新の求人状況の確認・紹介を行う「逆指名」と言う制度や、
教育制度(プリセプターシップなど)がしっかりしている病院との連携を重要視していることで子育て支援、ブランクからの職場復帰の方を対象としたサポート体制も充実しており、お勧めです。

看護のお仕事

面接日の調整や、給与などの交渉から入社日調整まで完璧にサポートなので、はじめてご利用の方には必須の1社に選ばれています。
無理やり転職を薦めたり、評判の悪い(退職者が多い)求人先は排除しているので、「ちょっと転職サービスを使うのは不安・・」という方でも安心して利用できます

ナース人材バンク

数少ない、厚生労働大臣が許可した職業紹介事業者として、
長い運営期間で築きあげてきた医療機関との強いつながりがあるため
他にはない数多くの非公開求人を抱えているこのサイトは、地元密着型として首都圏以外の全国の地方の求人や質に定評があり、
ナース人材バンクで転職をした人は定着率が非常に良いことで有名です。
こちらは、支援金うんぬんよりも、信用と実績と言う意味でお勧めのサイトです


  • ナースのブランクからの職場復帰(TOPページ)

  • ↓よろしければ、こちらも参考になさってください↓



    フルアクレフ

     

    サイトマップ

    体力に自信あります